クッキングヒータについて

電気加熱による加熱調理器は、クリーン性、効率性、安全性に優れている点で評価されており、年々その認知度は高まりを見せ普及しつつあります。

クッキングヒータの種類

■シーズヒータ

ニクロム線を絶縁体で包み、更にニッケル鋼パイプで保護し、渦巻き状にしたもので主にアメリカで普及しているクッキングヒータです。

■ラジェントヒータ

結晶ガラスプレートの下にニクロム線コンロを装着してあり、赤熱します。

■エンクロヒータ(ソリッドエレメント)

鋳鉄製円盤状プレートに、ヒータを埋め込んであり、予熱が長く残ります。主にヨーロッパで普及しているクッキングヒータです。

■ハロゲンヒータ

熱源は強力なハロゲンヒータランプで、スイッチを入れると直ぐにトッププレートが赤熱します。

■電磁調理器

シーズヒータ、エンクロヒータ、ハロゲンヒータ、ラジェントヒータとは異なり、電磁誘導により調理用具 (鍋、フライパン、湯沸かし)の材料の持つ抵抗で右図のようにうず電流が発生、鍋の底面が直接発熱するように作られた調理器です。IHトッププレートに 設置してある磁力を発生させるコイル(磁束体)に電流が流れるトッププレートに設置してある磁力を発生させるコイル(磁束体)に 電流が流れるとトッププレートの表目に磁力線が生じ、この磁力線が金属製の鍋底を通るときにうず電流が発生し、鍋底そのものをヒータのように発熱させます。

加熱のしくみ
取り扱いには充分注意してご利用ください

IHクッキングヒータで使用できる金属ハウスウェア

※各家電メーカーの仕様に従ってください

1.調理用具の底が少し内側に反っているもの

安全性、反応性上の条件です。底が完全にフラットより、少し内側に反っているほうが熱変形には強いです。ただし、調理器具底面の 平坦度には許容数値がありますので、ご使用になられる調理器の取扱説明書、各家電メーカーにお問い合わせください。(許容範囲があります)

調理用具底面

2.一般的(家庭用)IHプレートにうちては調理用具の底の直径が12cm以上26cm未満のもの

この鍋の直径が家庭用IH調理用具で使用する鍋の安全な製品(SG)の条件となっています。 使用する場合は必ず使用マニュアルに従ってください。
※業務用ローレンジIHは非常にハイパワーで大型の径の鍋(最大φ60cm)に対応できるように設計されています。

IHについて

IHクッキングヒータで使用できる金属ハウスウェアを安全にお使いいただくために

■天ぷら鍋

天ぷらなど揚げ物料理に使用する場合は、適切な揚げ物専用料理用具をご使用ください。

  1. 使用されるときは、油の温度を適温に保つように火力を調節して加熱に注意する他、調理中は絶対に調理器のそばから離れないようにしてください。火災事故の原因のほとんどがIHクッキングヒータは安全だからと油断し調理器のそばを離れたときに発生しています。
  2. 空だきは絶対にしないでください。
  3. 加熱・調理中は絶対に蓋をしないでください。

■鍋

特にIHクッキングヒータでは鍋底の厚さや形状、使用されている材質等により短時間で鍋底がドーナツ状に赤熱し、油が発火することがありますのでご注意ください

  1. 天ぷら調理や炒め調理の使用については、各家電メージャーの使用マニュアルの可否について掲載されていますのでご確認ください。
  2. 空だきは絶対にしないでください。空だきをしますと鍋がダメになるばかりかIHクッキングヒータを壊す原因になります。
  3. 調理中は絶対に調理器のそばから離れないようにしてください。
    火災事故の原因のほとんどがIHクッキングヒータは安全だからと油断し調理器のそばを離れたときに発生しています。

■湯沸かし

  1. 加熱によって調理用具の底が変形することがあるので、空だきしないでください。火傷の原因のほとんどが水量を多くしたり、逆に少なくしたために発生しています。
  2. お湯をわかすのみでの使用をお願いします。

■フライパン

特にIHクッキングヒータではフライパンの底の厚さや形状、使用されている材質等により短時間でフライパンの底がドーナツ状に赤熱し、油が発火することがありますのでご注意ください。炒め料理は一般的に目盛は半分以下(3kw以上では2~3)で充分と言われています。

  1. 天ぷら調理には使用しないでください。過熱によって火災の危険性があります。調理中は絶対にIHクッキングヒータのそばから離れないようにしてください。
    (注)使用可能な表示のあるフライパンを除きます
  2. IHクッキングヒータではスイッチを入れると最大火力から始まる機種が多くありますので予熱をする場合は火力と時間に注意してください。過熱により調理用具の底が変形する事があります。
クッキングヒータ用調理用具

ホームに戻る→

ページトップに戻る