ステンレス調理器具のお手入れ方法

ステンレス製品はご家庭で普通の使い方をしているかぎり、まず、さびるようなことはありません。
  したがって取扱いにあまり神経質になる必要はありませんが、ステンレスはさびないものときめてかかり、
  必要な手入れをおろそかにすると、時にさびることがあります。といっても、それほど面倒な手入れをする
  必要はありません。次のようなちょっとしたお手入れをご紹介いたします。

@ご使用後は早めに洗うようにしてください。
  A塩分や油脂分は台所用洗剤できれいに洗い落とし、水気をふきとってください。
  B煮こげ、焼けこげはお湯にひたしてやわらかくなってから、スポンジ又はステンレスたわしでこすりとってください。
   (このページのQ&AのQ-5、A-5をご参照ください。)
  C鉄やアルミ等の異種金属製品と接触させたまま長期間放置しないようにしてください。
  D湯沸かしやなべ等をうっかり空だきして変色した場合には、クレンザ又はステンレスたわしでこすりとってください。
  E万一さびが出た場合は、スポンジ又はステンレスたわしに台所用洗剤又はクレンザをつけて、
   製品表面のすじ目(研磨目)にそってこすり落し、充分水洗いしてください。

(商品についているシールのはがし方)
鍋本体や湯沸かし本体にシールが貼ってある場合はシールをはがしてからご使用ください。

<はがし方>
その@ ドライヤーの熱風を鍋や湯沸かしの本体に貼ってあるシールにあて、シール裏面の糊をやわらかくさせはがす方法。
そのA お湯に浸してシール裏面の糊をやわらかくさせてはがす方法。
そのB ベンジンや除光液を利用してはがす方法。
● ベンジンや除光液などの薬品を使用した場合は、中性洗剤でよく洗い流してください。

 

お手入れ方法 Q&A

 

Q−1

鍋の内面に虹色の変色が生じました。


A-1

この虹色の変色はステンレス鋼製の鍋では比較的よく発生する現象です。
特に新品の鍋の場合発生しやすくなります。ステンレス鋼の表面は薄い酸化皮膜と呼ばれる皮膜で覆われており、これによりさびにくい材料となっているのですが、 この酸化皮膜に水の中に含まれる微量の鉄、銅等のイオンが水の蒸発によってステンレス鋼の表面に付着して虹色に見せている現象です。 商品自体が変質したものではありませんので安心してご使用ください。

 

Q−2 

鍋の内面に白い斑点やシミが発生したの ですが、これは一体何でしょうか?


A-2


この白い斑点やシミは水に含まれているマグネシウム、カルシウム、鉄等のミネラル成分が鍋の表面に蒸着、沈澱し固着したもので鍋に限らず湯沸かしにも固着物として発生します。この固着物は元々水に含まれている成分が固まって出来たものですのでご安心ください。尚、この固着物をそのままにされていますとステンレスの表面を徐々に侵食し腐食や、さびの原因となりますので使用後は内面を良く洗ってください。

 

Q−3 

通常の使用にも係らず鍋や湯沸しが 変色してきました。

A-3


この変色は、ステンレス鋼の表面の酸化皮膜がガスコンロ等の過熱により、熱変色した着色現象です。この現象はステンレス鋼を使用する以上、避けて通れないものですが、衛生上においても商品的にも全く問題はございませんので安心してそのままご使用ください。

 

Q−4 

ステンレス鋼製なのにさびが出でしまいました。
材質に問題があるのでしょうか?

A-4

ステンレス鋼はさびない金属ではなく、さびにくい金属です。
材料成分としては鉄にクロムやニッケルを加えて鉄よりも数段さびにくくしている合金です。ご家庭において適切な使用とお手入れをされていればさびを防止できます。



[お手入れ]
1.使用後は良く洗って水気をなくしてから保管してください。
  濡れたままの状態、湿気の多い場所での保管も避けてください。
2.鉄などの異種の金属と接触させたまま放置しないでください。
3.塩分や酸等を含む汚れを付着させたまま放置しないでください。

 

Q−5 

料理が焦げてしまいましたが、
         これを取る方法はありますか

A-5

[ふやかしてとる方法]
鍋にお湯を入れて弱火でクツクツ煮て焦げがふやけて浮いてきた状態になったら取り除きます。又、鍋に熱湯を入れこげを柔かくしてから取り除く方法もあります。
上記の方法でも取れない強固な焦げは市販されているクレンザ等の研磨剤でこすり落としてください。材料においてステンレス鋼という金属は熱伝導性の関係で料理が焦げ付きやすいという面があります。ステンレス鋼は丈夫でさびにくいという特長がある反面この点が最大の弱点となっております。

 

Q−6 

煮豆料理をしたら、鍋の内面が
黒ずんできました。

A-6

食材に含まれている「タンニン」がステンレス鋼の主成分である鉄と反応し黒くなったものです。この反応を利用したものが黒豆を作る方法です。
調理する際にさびた鉄釘と食材である豆を一緒に鍋内に入れ鮮やかな黒色に染め上げることは一般的に知られております。「タンニン」は山菜、ゴボウ、ほうれん草といった所謂「あく」の強い食材に多く含まれており、特に鍋が新品でステンレス鋼の表面の酸化皮膜が安定していない場合や長時間食材を鍋に入れ放置した場合に発生しやすくなります。尚、この黒色変化は無害ですのでご安心ください。鍋内面の黒ずみはこのまま使用しても問題は無いのですが、クレンザ等の研磨剤でこすり洗いしてからご使用になった方が良いと思います。

 

Q−7 

鍋をいくら洗っても黒い汚れが付きます。
これは何ですか?

A-7

まず、ステンレス鋼の表面に、収納中に大気中の酸素やその他のガス等に浸かることによって自然に生成された「酸化皮膜」によるもので、しばらく使用しなかったものを白い布巾や紙でこすると黒く汚れたりします。次にクレンザやステンレスたわしのほか、研磨剤つきのスポンジたわしなどでこすると、黒い汁がみられることがありますが、これも同様に「酸化皮膜」によるものでステンレス鋼に限らずアルミニウムや銅などの金属製品共通の現象です。いずれにしてもステンレス鋼成分そのものの酸化物・研ぎかすですから、衛生上の心配は無用です。

 

【洗い落としでキズをつけたくない場合は】

虹色になったり、湯垢が付いたりした時、クレンザでこすり洗いをして落とす方法の他に、食材酢を使用する方法があります。商品にあまりキズ、こすり跡を付けたくない時には、簡単にすぐ落とせますので一度試してみてください。水に食用酢を入れ弱火で数分間煮込みます。食用酢の量は特に何%と言う事はないのですが、濃い方が効果はあるようです。又、薬局で販売しているクエン酸を入れても同じ効果が得られます。但し、あまり進行した変色、腐食は完全に取る事は難しい事と、落としたらすぐに充分洗って、水気を取って保管するようにしてください。
尚、作業中は換気をしながら行ってください。

 

Q−8 

鍋や湯沸かしを火にかけると異臭がします。
原因は何でしょうか?

A-8


この異臭は取っ手に使用されているフェノール樹脂、メラミン樹脂等がガスコンロの熱によって熱せられた際に発生した臭いです。但し、ガスコンロの炎が大きすぎて鍋の取っ手に直接炎が当たると樹脂の焼け焦げによる取っ手の割れ、破損、欠損につながりますので正しい使い方をお守りください。又、通常のお手入れが不充分で、料理の残成分が鍋に付着している場合も臭いの発生の要因となりますのでご注意ください。

 

Q−9 

味噌汁の温め直しをしたら、急に蓋が吹き飛び、
中の具と共に飛び散りました。

A-9

これは突沸(とっぷつ)現象と呼ばれる現象で、ステンレス鋼製の鍋に限らず、他の素材の鍋においても報告例があります。原因としては、味噌に含まれている、だし成分や麹が鍋内面の底に沈澱し、鍋の底に蓋をしたようにびっしりと溜まった状態になり味噌汁を再加熱した時、ガスコンロの熱が局部的に沸騰。その際に発生した鍋内の気泡が沈殿し溜まった味噌を一気に押し上げその衝撃で鍋蓋と共に中の具も一緒に飛び散ったことが主な要因です。

又、この突沸現象は、常に発生する訳ではなく、味噌の種類、量、火力の大小、具の量等いくつかの条件の組み合わせが重なった場合に極稀に発生する現象です。この突沸現象を防止するには下記の事項を心掛けて再加熱を行ってください。

@温め直しの時は、お玉で良くかき混ぜながらコンロに着火し鍋を加熱して
  下さい。
A一気に強火で煮立てないでください。
B煮立てる際はお玉で良くかき混ぜながら行ってください。

資料提供:日本金属ハウスウェア工業組合

ホームに戻る→

ページトップに戻る