フェニックスシリーズ 常識を覆した究極のIHフライパンカタログVol14_

3層鋼クラッド材+(フッ素コートのような)凹凸面のある画期的なセラミックコーティング
(スーパーセラミックコーティング)

(フッ素コートのような)抜群の離形性=ノンスティック性 耐熱温度400度以上。耐摩耗性すべてに優れた究極のコーティング

フライパン

コーティングだけでなくベースが3層鋼(アルミ)クラッド剤でIHに非常に適しています。更に総板厚も2.5mmと非常に厚く熱伝導とその均一性に 非常に優れています。

堅く耐熱温度が高いという特性をもつセラミックをフッ素コートのような凹凸状に塗布しました。 これによりセラミックの特徴である耐熱温度と堅さに加えフッ素コートのような離形性(ノンスティック性)を合わせ持つ究極のフライパンが完成しました。 更にこのコーティングは高度で特殊な方法で塗布しているため粒子の結びつきが強くフッ素コーティングでは使用厳禁である金属のヘラやタワシで擦っても 剥がれにくいという驚異の耐摩耗性を誇ります。

フェニックスシリーズの特徴について

報告書 セットパッケージ
セットパッケージ
セットパッケージ
新製品 セットパッケージ

スーパーセラミックコーティング フライパンセットパッケージ

サイズcm 本体高さ mm 底板厚 mm 定 価 商品コード
20 45 2.5 ¥19,000 12620
22 47 2.5 ¥20,000 12622
24 50 2.5 ¥21,000 12624
26 55 2.5 ¥23,000 12620
28 57 2.5 ¥24,000 12628
30 57 2.5 ¥26,000 12630

セット内容/本体・専用蓋(強化ガラス)・専用レシピ


新製品 フライパン蓋 width=

スーパーセラミックコーティングフライパン用 蓋

サイズcm 定 価 商品コード
20 ¥3,000 10520
22 ¥3,200 10522
24 ¥3,400 10524
26 ¥3,600 10526
28 ¥3,800 10528
30 ¥4,000 10530

 

新製品 シリコンハンドルカバー width=

・直火でも熱くなりにくい!

・抜群のフィット感で持ちやすい!


スーパーセラミックコーティングフライパン

シリコン カバー

定 価 商品コード
シリコンカバー ¥1,200 10600

耐熱温度:240°C


シリコンハンドルカバー例 width=

デザインもフィット感もグッドバランス!

セラミックコーティングと同色のチャコールグレー色。
フィット感も抜群で非常に機能的なだけでなくデザイン的にも全く破綻がありません。
直火キッチンもこれで安心。熱くなりにくくかつオーブン料理の際、又は水洗いの際は外してしまえば劣化を防ぎ末永く使用することができます。


スーパーセラミックコーティング ピッコロパンカタログVol14_

スーパーセラミックコーティングシリーズを家庭用のオーブン機能付電子レンジにも入れられるように
または、一人用調理用にピッコロ(小さい)バージョンが新登場。

ピッコロパン 比較



     家庭用オーブン機能付電子

     レンジ(小型タイプ)にも

     入る大きさ

 

新製品

 

ピッコロパン 親子鍋

ピッコロパン 親子鍋

サイズcm 高さmm 板厚mm 定 価 商品コード
16 30 2.5 ¥9,000 10416
19 350 2.5 ¥9,800 10419


ピッコロパン 蓋

サイズcm 板厚mm 商品コード
16 0.6 21716
19 0.6 21719

 

新製品 ピッコロパン

ピッコロパン

サイズcm 高さmm 板厚mm 定 価 商品コード
16 30 2.5 ¥9,000 10616
19 350 2.5 ¥9,800 10619

 

スーパーセラミックコーティングカタログVol14_

ノンスティック性に非常に優れた、スーパーセラミックコーティングのさらなる特徴

凸凹のあるセラミックコーティングはフッ素コーティングのように食材との接地面が少なく、それだけで離形性が良いのですが、更にその表面には 非常おに細かい無数の多微孔があります。これが加熱される事により内部の空気とともに膨張します。そこに食用油が入ると毛細管現象により多微孔に吸入され 加えてその表面張力で油面が上昇し食材との接地が更にスムーズになり離形性が向上する訳です。(油は表面張力を利用するため少量で充分です)更に調理中も 表面温度の微妙な変化により多微孔は常に膨張と収縮を繰り返し中の油も出たり入ったりしています。また(毛細管現象による)表面張力で油面も常に上下動を 繰り返しています。開発元ではこの状態(食用油が多微孔内を呼吸するように出入りしている状態)を「物理的ノンスティック呼吸作用」と呼んでいます。 またこの作用により油が1箇所に溜まらず常に対流するためベタつかず非常にヘルシーです。

コーティング拡大写真

スーパーセラミックコーティングのノンスティック性を永続させるために

コーティングの比較

(多微孔内の物理的ノンスティック呼吸作用を常に活性化させるために)
耐摩耗性(剥がれにくさ)と耐熱温度に優れたセラミックコーティングは一般的な手入れをして 常に清潔な状態にしておけば、多微孔(ピンホール)内にスムーズに油が入り込むため 「物理的ノンスティック呼吸作用」が機能します。コーティングの開発元によると、 日本人の清潔な週間と厨房の熱源の温度(の低さ)であればこのお手入れ方法の説明は必要ないであろうという事でしたが、 誤って熱源を切り忘れ(※1)長時間加熱によるオーバーヒートで鍋表面を焦がした場合などは海外ユーザー向けに推奨している お手入れ方法を下記に記載致します。ご参考ください。

(※1)中華料理を食するアジア地域では鉄鍋の使用率が高く、日本の厨房よりもはるかに高火力(高温)で調理されます。 更に中華鍋や深型の炒め鍋に関しては炒め調理からそのまま粘り気の多いスープを入れて高温で煮込んだりする調理法もあります。 更に一部の地域では(そのような使用法にもかかわらず)使用後洗わないでそのまま放置という不衛生なユーザーも多いようです。 そのような取り扱いが頻繁にこのコーティングの鍋になされた場合、洗っても目に見えない残物(油、しょう油、スープの残りなど)が 凹凸内部の多微孔内でいわゆるオーバーヒートのような状態になり炭化して残ってしまう場合があります。 そのような場合に離形性=ノンスティック性が落ちる場合があります。そこで開発元は右記のようなお手入れ方法を推奨しています。

【1】鍋をきれいに洗う。
【2】鍋を加熱する。(※2)中火程度の火力で約200度くらいまで温度を上げて下さい。軽く鍋表面から煙りが出る程度の状態が目安です。 200度程度で多微孔内に詰まった不純物は焼き切られ蒸発します。このとき多微孔内は空の状態で更に加熱により膨張しています。
【3】(※3)加熱を止めて調理に適当な温度まで下げてから食用油を全体的に塗り、空の多微孔内に食用油を入り込ませます。(適正な物理的ノンスティック呼吸作用が復活します)
【4】作業完了、調理をはじめる。

(※2)いわゆる空だきの状態ですので加熱しすぎないでください。IHで火力(目盛)をフルパワーにすると温度が上がりすぎます。 中火程度の火力で軽く煙りが出てきたら(この状態が200度の目安です)加熱を止めてください。

(※3)あまり温度について神経質になる必要はありませんが、加熱をしたまま油を塗り込んだ場合に鍋表面の温度が高くなりすぎて、 せっかく多微孔(ピンホール)内に取り込ませた食用油自体まで気化してしまう場合があるので一度加熱を止めてゆっくりと油を塗り込む事を 開発元は推奨しています。(開発元によると炒め料理の適当な温度は約160〜170度という事です)

ホームに戻る→

ページトップに戻る